be a berliner dog!!ワンたちとベルリン生活始めました

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
いざベルリンへ!〜ミュンヘンを経由して〜 23:59
ミュンヘンへは定刻より早く到着。
トランジットしなければならないので早く着いても別にメリットはないのだけれど、
ワンたちを1分でも早く地面を歩かせてあげられることはありがたいっ。
荷物もあるし、マールたちもいるからゆっくり降りようか。。と、
後方から出口目指して歩いてこられる乗客を私たちはシートに座ったまま見送ることに。
すると私たちの横を通過するだれもがマールたちを見た瞬間、目を大きくされる。
おそらく飛行中に私たちの横を通って前方のトイレに行かれた方もいただろうが、
機内に犬がいるという意識は普通ないだろうから、
私たちの膝の上にマールたちがいることも気づくことはなかったのだろう。
が、誰一人嫌な表情を浮かべた人はいなかった。
それどころか、『犬がいたんですか?きづかなかった〜』とか『おとなしいんですね〜』
とか話しかけてくださったり、マールたちを見る否や微笑んでくださったり。
斜め後ろに座ってらした中年男性だけは、
飛行中に私たちの横を通る度にそっと微笑んでらっしゃっていたようで(オット談)、
降りる時には『いいですね〜犬を連れてなんて夢ですよ。ウチにも2頭いましてね。。』
と話しかけてくださった。
その後に、『できるんですね、犬を連れて旅行…』と一層目を細められた。
あの方も、いつか愛犬と一緒に旅をされる日が来るといいなぁ。
そして、こんな貴重な経験ができたことに感謝した私たちでした。



飛行機を降りると明るいミュンヘンの空。
南にある町なので夕方というのに気温も高く暖かい。
パスポートコントロールを抜けると、外に出ることができた。
成田空港に到着してから約13時間ぶりにマールたちは地面を歩く。
お薬が残る様子もなく、ロングフライトでの疲れも感じさせない…普通に歩く。
幸いすぐに芝生があったので、そこで用を足させていただく。



ミュンヘンの空港はとてもきれいで、こうしてすぐに外に出られて
ワン連れにとってはなかなか使い勝手がいい。
しばらくお散歩して、再びターミナル内へ…
ここからはマールたちも一緒に歩くことができる。



ここでもまた、ゴキゲンに空港内を歩くマールと再び挙動不審なBoo。
そして、初めてのドイツの地を歩く2頭にたくさんの人が話しかけてくる。
やはり、犬天国なんだぁ〜と実感。



成田からミュンヘンへは隣の席で来た私たち、
ミュンヘンからベルリンまでの国内線は
ビジネスクラスとエコノミークラスに離れて座らなければならない。
ルフトハンザの国内線の場合、一機に搭乗できる犬の数は決まっていて
ビジネスクラスが1頭、そしてエコノミーが2頭…らしい。
どういうペアで乗るかオットと相談した結果、
オットとマール・私とBooという組み合わせになった。
ビジネスクラスに陣取ったBooと私。
隣の席は空いているらしく、
Booが入ったバッグを隣のシートに置いていいとCAに言われた。
『じゃ、ここにオットが来ちゃいけないかしら?』と言ってみたものの、
あっさり『No』と首を横に振られた。
離陸時にぐっすり眠ってしまう癖がある私。
成田を離陸する時はさすがに起きていたけれど、
無事ミュンヘンまで来たことでかなり安心したらしく、
いつ機体が動き出したのかも覚えていない。
ふと目が覚めたら目の前に2人のCAがいて、笑っている。
ドリンクサービスかぁ。。と思ったのだが、1人のCAが隣の席を指差す。
その指の方向に目をやると…
Booちゃんが座っていたのでした。バッグからほとんど出た状態で!
が、一瞬ポカ〜ンとしてしまった。
次の瞬間、我に返り、慌ててBooちゃんを慌ててバッグに戻そうとする私に向かって
CAは『いいのよ〜』と微笑みながら首を横に振る。
ん?つまり、Booちゃんはこのまま座っててもいいってこと??
結局、バッグ大好きなBooちゃんは、
またすぐ自らバッグの中に入っていったのですけどね。

一方、マール&オットチームもエコノミークラスで無事ベルリンに到着。

ベルリン・テーゲル空港は飛行機を降りたら、すぐ目の前にターンテーブルが出現。
驚く早さで荷物が出てきます。
そして、ターンテーブルから数歩歩けばも出口。
その先がタクシー乗り場と非常に動きやすい構造です。

空港から我が家までは約10分、あっという間にベルリンの家に到着です。
我が家に着いたのが、午後9時過ぎ。
なーんにもない家なので、『ま、寝ますか。。』とベッドに入りました。
初めての家・初めてのベッドだけど、いつでもどこでも眠れる飼い主2人なので、
ワンたちもリラックスして眠ってくれました。

いろいろ不安だった横浜からベルリンの移動、
考えていたよりずっとずっとスムーズに、
そしてワンたちは元気にやってくることができました。
これだったら一時帰国もできるかも。。






| 横浜からベルリンへ | comments(0) | - | posted by ekok - -
| 1/3 | >>