be a berliner dog!!ワンたちとベルリン生活始めました

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
親孝行するはずが?! 23:59
母は二度目のベルリン、父は初めてのベルリン。
我が家がこちらで暮らすようになってから
両親がとっても楽しみにしていたベルリン訪問。
が、あいにくマールが再入院となってしまい、
ekoは連日クリニックへ足を運ぶことに・・・。
本来なら、犬たちに里心が芽生えないように
一旦入院すると退院するまで面会は許されないそうなのですが
我が家が日本人だからか、はたまたマールが意外にクールで里心があまりないせいか
毎日の面会が許可されたのです。
うれしい反面、毎日の通院のために両親たちはほったらかし。
せっかく来てくれたのにホント申し訳ないっ!

限られた時間の中で、毎日少しずつベルリンを案内しました。
その中でここは安全だということがわかったらしく、
数日後には父と母ふたりでバスに乗ってお出かけすることに。。
ベルリンは大抵の場所である程度の英語が通じるので、
ほんの片言でも英語を話す母にとっては動きやすいはず。
『今日はどこ行ってきたの?』と1日の報告を聞くのが楽しかったです。

毎日ひとつだけお出かけ。
もうすぐシーズンも終わりのシュパーゲル食べに行ったり


白アスパラが大好きな父、だけどあまりのボリュームにはかなり驚いたようで
『アスパラはメインにならへん方がええなぁ。。』とポツリ。
うーん、そうですかぁ(-_-;)


またまたマール姉さん不在につきBooちゃんのみの添乗。
マール姉さんがいないとちょっぴり不安なのです。


たくさん実をつけたさくらんぼの木。
果物大好きな父はすぐに近寄り、『おいしそうな赤い色してる…』とチェック。
『取って食べたいなぁ〜』などと言っていたら、ドイツ人のおじさまたちがやってきて
ひとつふたつもぎ取ってパクッ。
木の根元に種をペッ。
それを見ていた父はすぐさま真っ赤なさくらんぼを手に取ったのは言うまでもありません。
あまりのおいしさにいくつも手を伸ばそうとするので、さすがに警告を出しましたが。。(笑)


ポツダム3時間半コースの観光したり。

歴史上深く刻まれるポツダム会談が行われたチェチィリエンホフ宮殿。
今はホテルとして使われています。
そのテラスでランチ。
プレゼンテーションはとっても素敵なのだけど、お味はお値段に見合ってない…かな。
でも、両親は歴史的な舞台となった場所での食事に満足してくれたようでした。


大好きなサン・スーシ宮殿。
ぶどうの葉が青々とする時期に来たかったのでした。
夏の離宮だったこの宮殿はやはり夏が一番素敵です。


あそこに行って・あれ食べて…といろいろ考えていた3分の1も実行できなかった。。ごめんね。
またチャンスがあったら日本からベルリンに連れて来るから。。
| Hotel de Mar | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ekok - -
スポンサーサイト 23:59
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://berlinerdog.jugem.jp/trackback/323
<< NEW | TOP | OLD>>