be a berliner dog!!ワンたちとベルリン生活始めました

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
ベルリンからミュンヘンへ 12:00

日本出国時にはドキドキだったけど、一度経験してしまえばこっちのもの。
しかも前回のフライトからはたった1年半、日本への帰国はかなり気楽です。
たったひとつのことを除けば・・・

昨年の日本出国時にはダイエットを見事成功させてフライトに臨んだBooちゃん。
ルフトハンザ航空の規定により機内持ち込みが許されるのは8kg以下の小型犬のみ。
この8kg、クレートまたはバッグ込みの重量です。
帰国が決定した時のBooちゃんの体重、7.8kg。
キャリーバッグは1.1kg、計8.9kg・・・
はい、またもやダイエット必須です。
でも、帰国までは時間がない。。
ごはんは減らしたものの、マールさんの闘病生活と同時に
Booちゃんのお散歩も思うようにできなくなってしまって運動不足になってしまったため、
ダイエットは全く効果なし。
ひとまず予約の際には希望体重の7.5kg(キャリー込)で申告しておきました。
ダイエット必要ないマールさん、闘病のため体重は激減したのでさらに問題なし。

いろいろ調べるうちにドイツ国内の空港から出発する際には
体重測定はなくて自己申告のみ…という記述をいくつか見つけ、
またドイツ人に尋ねたところ『小型犬だから大丈夫なんじゃない?!』とか
『そんなの調べないでしょ〜』という返事が多く返ってきたので
イチかバチかの勝負に出ました!
昨夜のBooちゃんの体重、7.7kg^_^;
はい、全然減ってません。
もし重量量るように言われたらマールさんと一緒に乗っけよう・・とか、
Booは全部バッグの中にしっかり入っててもらって
マールには顔を出してもらって、2頭とも小さい犬であることをイメージつけよう・・とか(爆)
体重オーバー指摘されたらBooちゃんには申し訳ないけどカーゴ行ってもらおう、
Booなら大丈夫だよ・・・とか、いろんな会話を繰り広げつつ、本日を迎えました。



さて、チェックイン。
結局、やはり噂通り、チェックイン時に体重測定などはなし。
申告した重量での料金を請求されただけでした。
ドイツ人の国民性ってすばらしいな〜と思いました。
いつも犬のことを一番に考えているので、機内持ち込みをするのは小型犬のみ、
それ以上の犬を不必要に機内に持ち込むと犬に窮屈な思いをさせるでしょうから
カーゴの方が快適・・だと考えるのでしょうね。
無理やり機内に持ち込もうという人なんていないんだと思います。
だからルフトハンザの規定にある8kg以下という条件は
実際は体重ではなくサイズにあるのだと思うのです。
たしかに8kgを超える犬ならば機内のシートの下で長時間ステイすることは
快適ではないですものね。
Booちゃんは小型犬と呼ぶには少々大きめではありますが
キャリーバッグの中に入ればそのサイズを忘れてしまうぐらいおとなしく眠ってくれるので
体重さえ無視すれば機内持ち込みに適したワンコです。


すっかり荷物の一部となっているマールたち。。


そんなこんなで無事ワンたちは機内持ち込みにてチェックインできたのでした。

ベルリンからミュンヘンまでは1時間弱。
あっという間に到着です。
成田へのフライト待ちの間、最後のドイツの味を・・・

ミュンヘン名物・白ソーセージ。
そして大好きなプレッツェル。
・・・ときたらビールにしたいところだけど、ここはミルヒカフェで我慢。
最後まで食べつくす!


森で走ってきたからマールさんたちはすでにお疲れ。
この後のフライトもぐっすり眠ってくれたまえ。

| ベルリンから横浜へ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ekok - -
スポンサーサイト 12:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://berlinerdog.jugem.jp/trackback/340
<< NEW | TOP | OLD>>