be a berliner dog!!ワンたちとベルリン生活始めました

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
帰国前日AM 00:00

とうとう明日はベルリンを去る日。
不動産屋さんとの処理があるので、今日もお家へ。
諸々のチェックをしていると、どなたかがベルを鳴らす。
ん?誰か尋ねてくる予定あったっけ??と思いつつドアを開けると
そこにはひとりの女性が・・・
え〜っと、あなたはたしかペントハウスに住んでる・・・と思っていたら
あちらから親しげにごあいさつ。
やっぱり、そうよね〜JRT飼ってるおうちの奥様。
一体なんのご用でしょう?と尋ねると、
『おうちの中を見せていただけないかしら?』とのこと。

はいはい、どーぞどーぞ。
と中に招き入れると、後ろからご高齢のおじさまもついてきた。
聞けば、このおじさまこそがこのフラットのオーナーらしく、
そしてこの女性はそのオーナーのお嬢様。
だけど、自分がオーナーの娘であることは伏せてお住まいとのこと。
この度、めでたくご懐妊あそばして、ペントハウスから地上階に引越したい・・・ということらしい。
ペントハウスとここじゃあずいぶんちがうでしょうに〜?!と思うものの、
我が家をぐるっと回った彼女はかなり気に入ったもよう。

この女性、お庭に椅子持ってきて過ごすことが多く、
その度に庭に面している我が家の前をお通りになるので
いつもガラス越しにあいさつしていたのでした。

最後の最後にオーナーに会えてごあいさつできてよかった〜。
『この家はとても気に入りました。
 もしまたベルリンに帰ってくることがあったら、またココに住まわせてください』
そうお伝えして握手しました。

しばらくすると、今度はお隣さんが。
窓の向こうからお庭に誘われました。

お隣のJRT・ポーディくん。
Booの遊び相手です。


最後にまた遊び収めができるとは・・・!!
ポーディ、どうもありがとね。

この後、ポーディのオーナーさんにもごあいさつできました。
お別れにポーディが気に入ってくれた黄色のボールをプレゼント。



この後、オット殿はごあいさつやら残務整理のために本日も会社へ。
残された私たち、もう車もないのでベルリン最後の日はホテル周辺で過ごします。
そう、このために自宅近くのホテルを選んだのでした。
私たちはとにかく、森へ行くことが一番なのだから!

約1年半の間、私たちが過ごした森の近くのおうち。
引っ越してきた日からなんだか落ち着く家でした。

ベルリンのマール邸、マールがご案内しまーす!!


エントランスのインターフォン。
地上階の住む我が家は入ってすぐ左手。
右手もJRT・  が住んでいます。


この窓がブログではおなじみの窓(笑)
この前がダイニングスペースでした。


暖炉があります。
一度も使わなかったけど。
暖炉の裏が玄関。


ドイツには珍しくオープンキッチン。
なかなか使い勝手の良いキッチンでした。


階段を降りると半地下になっているベースメント。
ここからお庭に出ることができるので犬飼いにはなかなかGOODな作り。


ベースメントにはふたつベッドルームがあります。
なぜか入居時からレッドカーペット!


ふたつのベッドルームの真ん中にはバスルーム。
なんと、ガラス張りです(笑)
大きなバスタブがあるのは日本人にとって本当にありがたいこと。
おふろ文化があるドイツは住みやすい国ですね。

一番奥にはクローゼット。

かなり広いです。
こんなの、横浜の家にもほし〜いっ!!
ここからも外に出られます。


斬新な設計のわがフラット。
建物の真ん中に階段が配置されていて
こちらは地下へと通じる階段。
この階段から地下駐車場へと行けるので便利でした。


とても気持ちのいい家でした。
ガラス張りの丸見えなおうちでしたけど(笑)
1年半の間、我が家のためにありがとう。





 
| 帰国準備 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ekok - -
スポンサーサイト 00:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://berlinerdog.jugem.jp/trackback/373
<< NEW | TOP | OLD>>