be a berliner dog!!ワンたちとベルリン生活始めました

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
ミュンヘンから成田へ 00:00

ミュンヘンから成田までは約12時間。
もう少ししたら日本に帰るなんてまだ信じられません。

飼い主に余裕があるとワンたちもリラックス。

前回のフライトでなかなか落ち着かなかったマールさんも
今日は乗った途端バッグの中で眠り始めました。

機内食の時にはちらっとこちらに視線を向けたものの、
またバッグの中でお休みになり・・・


途中で少々レイアウトを変更。
私の足元にふたつ置いてみました。

どうやっても爆睡なおふたりさん。
マールさん、はみ出てますよーっ!!


着陸直前までよーく眠ってました。

犬にとっても経験ってホント大切なのですね。
あ、Booちゃんは本日もまた・・・ご覧の通り、はい、爆睡なり。

そんなこんなであっという間に成田到着。
さて、今度は一番大事な動物検疫が待っています。
係留なしで検疫を通過できるよう、ベルリンを発つ前に何度も何度も
成田の動物検疫所とは電話・メールでやりとりしているので
ほぼ問題はないはずなのですが、それでもまだ不安が残ります。
だって、なにかひとつでもまちがいがあればここに残らなければならないのですから・・・
病後のマールさんゆえ、それはなんとしてでも避けたいもの。

入国審査を抜けて、ターンテーブルへ・・・
このフロアの端っこで動物検疫所の係員の方が待ってて下さいました。
そこへマールたちをバッグごと検疫書類と共にお渡し。
『では、のちほど』とあっという間に引き渡し終了。

私たちが荷物を受け取り、税関を通過し、ゲートの外に出てから
動物検疫所にマールたちをお迎えに行けます。

と、ここでトラブル発生。
預けた荷物の一部がない〜っ!!
ビジネスクラスだったので荷物は優先されて出てくるはず。
なのに、なかなか出てこない。。
うー、嫌な予感。

その時、オットの名前を呼ぶ声が・・・
グランドの方に呼ばれてカウンターへと移動。
話を聞くと、いくつかの荷物がミュンヘンに置き去りにされてしまったもよう。
ミュンヘンからフランクフルトへと荷物を送り、
フランクフルトからの最終便に載せてくる予定・・・とのこと。
ありゃりゃ〜。
ベルリンでのチェックインの際、我が家が預けた荷物の数は10個。
バゲージタグと合わせていくとここに届いてない荷物は3個。
ワインのカートンとナイロンのバッグ。
その二つはまちがいないのだけど、どうしても残り1個がなんだったか思い出せない。
そうだ!デジカメでホテル出る時に荷物の写真取ってるはず・・・
と画像から確認しても荷物の数は9個。。
どうやらどれかひとつをダブルカウントされていたらしい。
チェックインはすべてオットに任せていたのでその時の事情はよくわからないのだけど
係員はひとつずつ重量を量り、タグをつけ・・・と作業をしていたような。。
その時にどれかひとつを二回計測してしまったか?
となると、超過料金も払いすぎてることになる。
どれを2回量ったのかで金額にもかなり差が出てくるはず。
その場でよく確認しなかった我々も悪いのだけど、
積み残しだけならまだしも超過料金を払いすぎてるとなるとちょっと納得できない。
はい、ここで久々にクレームの女王登場です!(笑)

が、ルフトの職員の女性、全く融通利かず。
おそらくマニュアル通りの対応なのでしょうけどね。
ミスをしたのが現地の係員なので、日本サイドは関係ない・・・という姿勢を
最後まで貫かれました。
業務委託されているANAのグランドさんはとても親切に対応してくださったので
ちょっとは平静を保てたものの、ルフトさんのあの態度はいただけない。

結局、荷物の超過料金についてはどうにもならないようなのであきらめ、
未着の荷物が必ず無事に手元に届くことだけをお願いしました。

そんなこんなでかなり手間取ってしまいました。
動物検疫所にお迎えに行ったところ、
『おそかったですね〜』と職員の方。
『トイレも済ませ、お水も飲みましたよ』ととても親切にしていただけたもよう。
マールたちはいきなり私たちと離れ離れになり、知らない人に連れて行かれたものだから
ほんの4〜50分の再会とは思えないぐらい興奮していました。
その後、職員の方と共に書類をチェックして問題なくクリア。
あー、ホッとしましたぁ〜

後は横浜の家に向かうのみ。
昨日、ベルリンからジャンボTAXIを予約しました。
犬OKのジャンボTAXI、乗った途端に冷たいおしぼりとペットボトルのお茶を差し出され・・・
バタバタ・ドキドキの入国の疲れが一気に癒されました。
あぅ〜日本ってすばらしいっ!!


あー帰ってきたよ〜っ。

| ベルリンから横浜へ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ekok - -
スポンサーサイト 00:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








素晴らしい記録。
最後までしっかり記憶?されているekoさん
さすが。
こんな風にバッグに収まっていいコにい長いフライト我慢できるのは
やっぱりお育ちのせいね(笑)
日々のくらしでちゃんと必要なこと学習しているのだわ。。。
多分こんな国際フライトにご縁はないけれど
必要な人がいたら紹介するわ(笑)
私的にはkyokoさんの風貌がわかって嬉しい♪
posted by habimama | 2010/03/01 1:38 PM |
☆habimama
サーバーがいつ落ちてもいいようにベルリンの記録だけは書籍化しておきたいので、なんとかして書き上げましたー^^;
隣でオットが、『よく覚えてるねぇ〜』と感心してたわ(笑)
帰国した直後は思いが強すぎてあれもこれも書き留めておきたいと思いなかなか文章がまとまらなかったんだけど、これだけ時間が経つと冷静に書けてよかったかも(^_^;)

お育ち…(笑)
短かったけどベルリンでの生活はマールたちに自然といろんなことを教えてくれたんでしょうね〜
でも、帰国後は私の気持ちが緩んでるせいか、どんどん野放しなワンズになってるよ〜まったくお恥ずかしいですわっ。

kyokoさん、すでにNHKご出演されたから本物にお会いできた方も多いのでは?
素敵な方ですよん♪
posted by eko | 2010/03/02 2:38 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://berlinerdog.jugem.jp/trackback/377
<< NEW | TOP | OLD>>