be a berliner dog!!ワンたちとベルリン生活始めました

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
そして病名は・・・ 23:59
日に日に元気度がUPしているマール。
けれど、この処置については暫定のもの。
まだマールの病名は出てなかったのです。

持病のSLEに関する検査が行われたのは最初の入院時。
SLEの裏づけとして、抗核抗体・クムス・RAと3つの検査が実施されました。
けれど、いずれの検査も結果は《陰性》。
つまり、マールが侵されている病は持病のSLEではないということになったのです。
それでは何の病気?ということで、疑われる病気に関する様々検査が行われました。
が、それらはどれも直接病名につながるものはなく、そして開腹手術による検査とまでなったのでした。
開腹手術の際には多数の細胞・組織が採取されました。
おなかのリンパのしこり、わき腹のしこり(これもリンパ?)、
それから膝にあるなんらかの液体、四肢・首・マズル・耳などの皮膚…
たくさんのサンプルがクリニック以外にドイツ他都市のラボ、そしてスイスへも提出されたサンプルもあったのです。
それらの検査の結果が順次出てきたものの、どれも病気を裏付けるものはなく
《SLE以外の何らかの自己免疫疾患》という診断が下されていたのです。
ただひとつ、スイスのラボによる検査だけはなかなか結果が出てこず、
これに望みをつなげていた部分がありました。
その結果も今日出ているはず。
帰国の日まであと2週間となったので、今日はある意味区切りの日でもあります。
続きを読む >>
| Tierklinik | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ekok - -
<< | 2/20 | >>